資格が必要な職業|心理カウンセラーは悩める人のヒーロー

女性

眼の機能回復の専門家

男女

視能訓練士とは、視機能が衰えたり失われたりした人に対して機能回復のための検査やトレーニングなどを行う専門家のことです。まだ新しい資格であり、全国でも資格保持者は一万人程度しかいません。高齢社会を迎えた日本では、視機能の障害を持つ人も増加傾向にあり、視能訓練士のニーズは高まっています。ニーズに対する資格保持者の割合が少ないため、現在狙い目の資格といえます。資格自体の知名度も高くはありませんが、徐々に知られてきており人気が高くなってきています。国家資格であり、医療職として安定した収入が得られるのも人気の理由です。眼科医のもとで働くことが多いため、勤務時間も規則的でブランクがあっても再就職しやすいという魅力もあります。

視能訓練士は、ニーズが高まっているもののまだ資格保持者が少ないという特徴があります。そのため、就職に困る心配は低いですが、就職と同時に即戦力として期待される可能性も高いという特徴があります。先輩からの指導を受けつつ実務になれる、ということができない可能性もあるので、勉強する学校を探すときには実習が充実しているところを探すのも重要です。三年制または四年制の学校に入学して卒業と同時に国家試験を受けるのが一般的な資格の取り方です。まだ養成コースのある学校は多くはありませんが、今後は増えてくることが予想されます。現在は視能訓練士のほとんどが女性ですが、今後は男性も少しずつ増えてくるでしょう。就職先としてはほとんどが眼科医のいる病院です。