資格が必要な職業|心理カウンセラーは悩める人のヒーロー

女性

非常に大切なポジション

レディ

腕前次第で鑑別が変わる

病院のなかではたくさんのスタッフが働いています。お医者さんや看護師さんはもちろん医療事務の人など、いろいろな役割をみんなで分担しながら仕事をしています。そんな病院の大切なスタッフの一人が診療放射線技師です。この診療放射線技師はレントゲンやCTスキャンといった放射線を用いた検査を専門とするスタッフのことで、病院のなかでも近年その重要性が増しているポジションです。病院にやってきた患者さんに診断をくだすのはお医者さんの仕事ですが、その鑑別に用いられるのが診療放射線技師が撮影したレントゲン写真などの資料です。検査を行った診療放射線技師の腕前によってお医者さんの診断のしやすさが変わることを考えると重要だと言われるのも納得です。

さまざまなルートがある

病院で診療放射線技師として働くためにはまず国家試験をパスする必要があります。ちなみに、この国家試験を受験するためには厚生労働省が指定した学校で少なくとも3年は勉強しなければいけません。経済的なことを考えるのであれば4年制の国立大学が一番です。医療関係の学校というと学費がどうしても高くなりがちですが、国立大学であればほかの学部と修める金額が同じなのでかなりお得です。また、この方法なら浮いたお金をほかの部分に投資することで自分をさらに成長させることもできます。これに対して、専門学校に行く方法もあります。国公立の大学は学費が安いだけにかなりの激戦で、志望校によってはかなり勉強しなければなりません。しかし、専門学校であれば申し込むだけで基本的には誰でも入れるので時間を有効に活用できるというメリットがあります。